青汁について

そもそも健康食品として引用されているわけだが、なぜ緑色なのに青汁というのか、それは野菜を「青菜」と呼ばれていたためであり、日本語古語での用法の名残である。


<青汁は罰ゲーム>

青汁が出た当初は、あまりの不味さからバラエティ番組での罰ゲーム用品として使われていました。その後に、一般かと共に品質改良や多種化が進み味の改善が進められ、今となっては不味いといっても吐くほど不味いものではなくなり、その味は例えるなら海苔にかなり近いので、一度飲みなれたら特に気にかけることもなくなるようです。牛乳に溶かして飲む飲み方もなかなかイケルと好評です。


<一般的な飲み物としての多様化>

青汁は健康の為に飲まれるようになり、一般的にも消費されるようになりました。その他にも、栄養価が高いことから草食の爬虫類などのペットの常用食や、病気治療食として使われる人もいます。このように、単に青汁といっても様々な分野での活躍を示し、我々の生活にはなくてはならないものになっているということです。皆さんも、飲んだときない方、苦手意識から手をつけられない方も栄養価の高い飲み物だということの認識をし、積極的に飲んでみましょう。私もこれからは積極的に飲んでいきたいと思います。

Comments are closed.