青汁が持つアンチエイジング効果

青汁には免疫強化や便秘解消など様々な健康効果があるとされていますが、その中でも昨今アンチエイジングの効能があるとして注目を集めています。


青汁に含まれる老化予防成分

例えば青汁には豊富なビタミンが含まれていますがその中でもビタミンCは免疫強化の他に美肌効果があるので有名です。またビタミンAには丈夫で潤いを逃しにくい肌を作る効能がある他、ビタミンEには活性酸素を除去し細胞を老化から守ってくれる役割があるといいます。青汁にはこれらのビタミンが豊富に含まれている為アンチエイジングや美容に対して高い効能があるとされています。


大麦若葉とSOD酵素

また青汁の主原料にはケールや明日葉等が利用されていますが、アンチエイジング目的で摂取するのであれば特に「大麦若葉」を主原料とした商品がお薦めとされています。何故なら大麦若葉ベースの商品にはSOD酵素と呼ばれる大変高いアンチエイジング能力を持つ要素が含まれているからです。このSOD酵素は活性酸素を無毒化、除去する強い力があり細胞の老朽化を止めるだけでなく活性酸素の発生を抑制する力もあると言います。またSOD酵素には生活習慣病の改善にも役立つ為健康にも良いとされています。SOD酵素は元々人体が生成する事のできる物質ですが年を増すごとにその生成量は減っていき老化を加速させているといいます、しかし青汁を介してSOD酵素を摂取する事で老化の加速を食い止める事が出来るといいます。

Comments are closed.