青汁の原料・明日葉

摘んでしまっても次の日にはまた新芽が出ていることから「明日葉」と名づけられたセリ科の植物を原料とした青汁も人気があります。日本が原産国であり、古くから栄養価の高い植物として知られていました。日本の風土にあっているためコストパフォーマンスもよく、青汁の原料として多く用いられています。青汁の他にサプリメントなども販売されています。ただし料理に取り入れるときには特有の青臭さが気になる人も多いため、てんぷらや油とあえるといった、臭みを取るような調理法が勧められます。


<明日葉の青汁の抗菌作用>

明日葉にはカルコンが多く含まれています。カルコンには高い抗菌作用や血液をサラサラにする効果があります。血栓など予防もできますので、脂っこい食事を好む人や血圧が心配な人などにも選ばれているのが明日葉の青汁です。また女性に出来易いセルライトの排出を助ける作用もありますので、美容面でも高い効果を期待できます。


<明日葉のクマリン>

明日葉に含まれるクマリンは、痴呆を予防する効果もあるとされています。腸内環境がボケ防止につながるということも言われていますが、食物繊維がケールの1.5倍ある明日葉は、便秘にも働きかけます。

青汁粉末が余ったら、ヨーグルトパックに

青汁は多くの通信販売で、定期配送システムを利用しているそうです。一ヶ月分、三ヶ月分などをまとめて送ってもらうこともできますが、飲み忘れなどで多く余ってしまうといったケースもあるそうです。料理などに活用してもいいのですが、粉末は美容パックにも利用できるそうです。


●青汁とプレーンヨーグルトで美容パックを●

ヨーグルトは、お砂糖やフレーバーなどの含まれていない、シンプルなものを準備するといいでしょう。青汁粉末は、ふるいにかけながら、少しずつ混ぜることでダマになることを防止できます。このパックには美容効果があると言われるそうです。毛穴の汚れや、肌のくすみなどが明るくなるといった声もあります。混ぜたものは洗顔後に水けを拭き取って、薄く伸ばせばいいだけです。


●すすぎをしっかり、丁寧に●

パックの表面が乾いてきたら、すすいでください。乗せた段階でピリピリするなどの刺激を肌で感じるときは、パックは中止しましょう。粉末は粒子が非常に細かいですから、パック後のすすぎは、時間をかけてしっかりと肌に余計なものを残さないようにしてください。洗顔もそうですが、石鹸やパックはすすぎが弱いと、顔にカスを残したままにすることとなり、ニキビなどの原因にもなりかねないそうです。

生活習慣病と青汁

現代人の病である生活習慣病は、さまざまな病気の原因となっています。糖尿病や高血圧、脳卒中、心臓病やがん、メタボリックシンドロームといった病気の原因になっている生活習慣病は、多くの病気の原因であり最大の病とも言えます。


<どうして生活習慣病になるのか>

生活習慣病の原因も多岐に渡ります。不規則な生活や野菜と魚が減り肉の摂取量が増えた食生活、ストレス、飲酒、喫煙、運動不足といったものが原因です。改善したいと思っても仕事をして生活をする以上、どうにもならない部分があります。ストレスは簡単に取り除けませんし、運動不足もなかなか運動する時間がとれないかもしれません。食生活や飲酒も仕事の付き合いがあると自分で変えることは難しくあります。


<青汁なら食生活が改善可能>

そこで簡単な対処法として青汁があげられます。青汁は野菜不足により不足しがちな栄養分を補うことができます。ビタミン、ミネラル、食物繊維を簡単に補給できる青汁を飲んでいるだけでも、生活習慣病になるリスクを抑えることができます。生活習慣病になりにくくするには、青汁を毎日、継続して飲み続ける必要があります。一時的では効果はでません。続けて飲むことが大切です。

青汁について

そもそも健康食品として引用されているわけだが、なぜ緑色なのに青汁というのか、それは野菜を「青菜」と呼ばれていたためであり、日本語古語での用法の名残である。


<青汁は罰ゲーム>

青汁が出た当初は、あまりの不味さからバラエティ番組での罰ゲーム用品として使われていました。その後に、一般かと共に品質改良や多種化が進み味の改善が進められ、今となっては不味いといっても吐くほど不味いものではなくなり、その味は例えるなら海苔にかなり近いので、一度飲みなれたら特に気にかけることもなくなるようです。牛乳に溶かして飲む飲み方もなかなかイケルと好評です。


<一般的な飲み物としての多様化>

青汁は健康の為に飲まれるようになり、一般的にも消費されるようになりました。その他にも、栄養価が高いことから草食の爬虫類などのペットの常用食や、病気治療食として使われる人もいます。このように、単に青汁といっても様々な分野での活躍を示し、我々の生活にはなくてはならないものになっているということです。皆さんも、飲んだときない方、苦手意識から手をつけられない方も栄養価の高い飲み物だということの認識をし、積極的に飲んでみましょう。私もこれからは積極的に飲んでいきたいと思います。

青汁を飲んで健康になろう

青汁には色々な作用があるのですが、皆さんは知っていますか?
実は、新陳代謝をあげてくれたり免疫力をあげてくれたり、他にも便秘を解消してくれたりとたくさんのメリットがあります。
新陳代謝が上がるという事はダイエットにいいという事ですし、免疫力が上がるという事は病気になりにくくなるという事。
便秘も解消してくれるので、すごく健康でいいと思うのですがどう思いますか?


●青汁は油を分解してくれる●

青汁には、油を分解してくれる効果がありますので脂っこいものを食べたりする時一緒に摂取するのが良いと言われています。
脂っこいものが好きな人とか、脂っこいものを食べるとすぐに胃がもたれてしまう・・・という人にも◎。
また、唐揚げの粉や天ぷらの粉に混ぜそのままあげて食べるといいとも言われています。
なので、気にしている人などはぜひ一度試してみてはどうでしょうか?


●皆で健康を目指していこう●

青汁を工夫しながら毎日摂取していって、少しずつ自分の身体を健康にしていきませんか?
不規則な生活を送っている人や、偏った食生活をしている人も青汁を摂取して身体を健康にしていきましょう。
野菜嫌いで普段一切野菜を食べない人も、摂取するようにしてもらえると嬉しいです。
野菜不足の人にもお勧めなので、ぜひ積極的に取り入れてみては?

青汁の効果は本当にすごい

青汁は苦くて美味しくないというイメージをお持ちの方が多いかと思いますが、青汁の効果は本当にすごいんです!
ダイエットにも良いみたいですので、女性の方には特にお勧めだと思います。
便秘を解消してくれますし新陳代謝も上げてくれますので本当に優れているものだと思いますよ。
栄養素が多く含まれていますので、野菜不足の方にもおすすめですし野菜嫌いの方にもおすすめですね。


●青汁は身体に良いから嬉しい●

青汁は身体にとても良いものですので、できれば多くの方に飲んでいただけたら嬉しいですね。
その業者によって配合バランスが異なっていますのでご自分に合ったものを頼まれるのが良いかと思いますから、色々見比べてみてからお決めになることをお勧めします。
分からないことは質問してみたりお問い合わせで聞いてみるのが良いですよ。


●工夫をして摂取しよう●

あの苦味が苦手な方もいるかと思いますがそんな方は牛乳やヨーグルトに混ぜてみたり、お蕎麦やクッキーの生地に練りこんでみますとか工夫されて摂取されるのが良いかと思います。
他にも天ぷらの液体に少し振りかけて混ぜている方もいらっしゃるみたいですよ。
人の数だけ工夫の仕方があると思いますので、色々試してみて下さい。
最近では青汁をつかったレシピを掲載している方もいますので、ぜひ参考にされてみて下さいね。

青汁に入っているケールって何?

皆さんもよく耳にしたことがあるかと思いますが、ケールというものをご存知でしょうか?
青汁にはこのケールと言うものが含まれていますがどんなものなのか想像しにくいかと思います・・・ケールとはキャベツの原産に近いと言われています。
葉物の中で最高の栄養素と言われており、ビタミンやタンパク質・食物繊維やカルシウムといったミネラルが豊富に含まれています!


青汁をうまく取り入れよう!

中には青汁に対して苦手意識を持っている方もいらっしゃるかと思いますが、やはりお子さんの方がそうなのかもしれませんね。
そんな時は、ハンバーグの中に混ぜてみたりカレーなどに混ぜてみると良いのだそうです。
これでしたらお子さんもきっと食べてくれますし、黙っていたら気が付かないかもしれないですね。
健康にとても良いものですので積極的にとりいれていきたいですよね!


錠剤と粉末に分かれています!

やはり皆さんのイメージでは粉末のものでお水に溶かしたりする方が多いかと思いますが、錠剤のものもありますので、ご自分の飲みやすい方を選ばれるのが良いかと思います。
お子さんに飲ませる場合ならやはり粉末の方が安心だと思いますので、粉末をおすすめします。
錠剤ですと飲む量が多くなってしまうのがデメリットになってしまうかもしれません。

【おすすめサイト】
青汁の効果を比較
:http://www.futuresourceuk.com/

青汁が持つアンチエイジング効果

青汁には免疫強化や便秘解消など様々な健康効果があるとされていますが、その中でも昨今アンチエイジングの効能があるとして注目を集めています。


青汁に含まれる老化予防成分

例えば青汁には豊富なビタミンが含まれていますがその中でもビタミンCは免疫強化の他に美肌効果があるので有名です。またビタミンAには丈夫で潤いを逃しにくい肌を作る効能がある他、ビタミンEには活性酸素を除去し細胞を老化から守ってくれる役割があるといいます。青汁にはこれらのビタミンが豊富に含まれている為アンチエイジングや美容に対して高い効能があるとされています。


大麦若葉とSOD酵素

また青汁の主原料にはケールや明日葉等が利用されていますが、アンチエイジング目的で摂取するのであれば特に「大麦若葉」を主原料とした商品がお薦めとされています。何故なら大麦若葉ベースの商品にはSOD酵素と呼ばれる大変高いアンチエイジング能力を持つ要素が含まれているからです。このSOD酵素は活性酸素を無毒化、除去する強い力があり細胞の老朽化を止めるだけでなく活性酸素の発生を抑制する力もあると言います。またSOD酵素には生活習慣病の改善にも役立つ為健康にも良いとされています。SOD酵素は元々人体が生成する事のできる物質ですが年を増すごとにその生成量は減っていき老化を加速させているといいます、しかし青汁を介してSOD酵素を摂取する事で老化の加速を食い止める事が出来るといいます。

青汁を飲んで便秘を改善

青汁が持つ健康効果の中には便秘改善があるとされています。これは青汁が緑葉野菜の加工品である為食物繊維を豊富に含んでいる為です。


より効果の高い青汁

ただどうせ便秘改善目的で青汁を飲むのであれば、なるべく食物繊維が豊富な商品を選ぶと良いでしょう。例えば商品の中には主原料であるケールや大麦若葉の絞り汁を冷凍加工したものから、フリーズドライなどを駆使し商品を粉末状にしたものまでその加工法によって様々なバリエーションが存在します。しかし便秘の改善を目的とするのであれば粉末タイプのようになるべく主原料の緑葉野菜を直接加工した商品が良いでしょう。絞り汁ベースの商品は喉越しがよく飲みやすいのですが、それは同時に繊維質が少ない事を意味しています。


飲むタイミング

また青汁を飲むタイミングは便秘改善であれば就寝前がいいとされています。就寝前は腸が活動しやすくより効能を実感できるといいます。ただし人によっては腸が活性する事で寝つきが悪くなる人もいるようなのでそういう方は時間帯を変える、あるいは牛乳やヨーグルトなど安眠作用のある食品と一緒に摂ると良いでしょう。また同時に野菜不足改善の為に飲むのであれば朝一番のタイミングが最良だと言われています。

野菜嫌いでも飲める青汁は?

青汁は、野菜嫌いの人でも飲めるのでしょうか?
健康にも美容にもダイエットにも効果を発揮する青汁は、CMなどのイメージによって「苦い」「まずい」というイメージが定着してしまいました。その中で、野菜嫌いの人でも飲めるものは存在するのでしょうか?


野菜嫌いでも飲める青汁

青汁とはいうものの、味がはちみつ味、リンゴ味、黒ゴマ味など色々出ています。
ただやはり「青汁」という商品名のせいか、色はほとんどが「THE・葉っぱの緑」です。いかにも苦そうな色合いのせいか、野菜が嫌いな人には見るだけで敬遠したくなってしまいそうです。
最初の一口さえ勇気を出して飲んでみてもらえれば「あ、意外と葉っぱ臭くない」と思っていただけるかと思うのですが、いかんせんあの色味がどうにかならないかと考えて、ちょっと一工夫してみました。


思いきりスイーツ風に

もしご自宅にミキサーなどがあれば、青汁と、きなこと黒蜜をミックスしてみてください。これだけでもかなり飲みやすくなりますが、もっと思いきりスイーツ風にするのであれば、お好みでバニラアイスなどを入れると、お子様にもおやつ感覚で召し上がっていただけるかと思います。もしカロリーや糖分が気になるようであれば豆乳もオススメです。
これだけ手間を加えてでも飲む価値がある青汁を是非試してみてください。

青汁はどんな人に良いの?

最近になってテレビのCMで青汁について流れたりしていますが、皆さんの中にも利用されている方がいらっしゃるかと思います。
頼まれている方は一体どのような方が多いのでしょうか。
やはり健康を意識されて飲んでいる方が多いかと思いますが、若い方も利用しているみたいですよ。
ですが、皆さんどのようにして飲んでいるのか気になりますよね。


青汁には何が含まれているの?

青汁にはケールや大麦若葉などが含まれていますので、非常にバランスよく摂取することが出来て良いかと思います。
中には抹茶に近い青汁もあるみたいですので、青汁の苦味などが苦手な方にはそういったものを選ばれて飲まれるのが良いかと思いますよ。
やはり、美味しく飲みながら健康を保ちたいですものね!


飲みやすく改善されているから大丈夫!

また、最近の青汁は比較的に飲みやすいよう改善されているみたいですので安心して飲むことが出来るかと思います。
それでも飲みにくいと感じる方がいましたら、牛乳に混ぜて飲んでみますとかヨーグルトに混ぜて食べてみるなどといった工夫をされてみることをお勧めします。
他にも工夫の仕方があるみたいですので、気になる方は調べてみて下さればと思います!